2010年08月02日

理化学研を見に行きました

朝のラジオから理化学研が一日だけ一般公開していると放送がありました。
かなり、子供を意識した(夏休みだから)公開の仕方らしく「綿あめ」の紹介もありました。
仙台は幼い子供に行ける施設が少ないな~
と思っていたので、自分もどんな所か行ってみたいのもあり、チョッと仕事がある夫は午後から行って貰う事にして一緒に孫を誘って4人で行ってみる事に!
理化学研を見に行きました
インターネットで一般公開のポスターや場所の確認をしました。
うん!本当にインターネットは便利!

カーナビにも理化学研究所はありまして、順調に到着!

「綿あめ」よりも先に受付で資料を渡された時に「アイスクリームをどうぞ!」
という事で小さい二人はニコニコ
液体窒素で作った物らしかったのですが、幼い子が取りに行ったので特に説明は無し。
忙しかったようです。
これは関係無いらしい「焼きトウモロコシ」も二人は頂いて、食べながら(チョッとお行儀悪い様でしたがどうぞという事で…)施設の中へ
本当に子供向けで説明は大人に向かってしてくれましたが
紙の眼鏡(決められた穴の空いている)でLEDのランプを見ると、光を干渉させ、ハートやらキティーちゃんやら光の模様が見えるコーナーや、
理化学研を見に行きました
光ファイバーの原理を示したコーナーでは箱から水が放射状に流れている、その水流の中を光が通っているのを見せてくれたり
超伝導の原理(リニアモーターカーを特に意識してるのかな)を簡単に実験させてくれたりしました。
理化学研を見に行きました
本当に浮いていたよとの話に、ずっと覚えていてくれたらいいな~
子供にも楽しい実験体験ができ夏休みの良い体験になってくれた事でしょう
最後のは、郵便物に異物、特に「粉」が入っていたら発見できる大きな機械のデモンストレーションもありました。
「粉」というと「麻薬」の類も対象になるのでしょうが、郵便物と言えば「炭素菌」が思い浮かびます。
あの事件の後、開発されたのでしょうか?
夫の所の今までの一般公開はかなり、玄人の大人向けで、こんな子供向けも良いかな等と、10月の公開に一石を投じたかも知れません。
残念ながら、講演のため、綿あめの会場は後で取りに行こうとした、「あとで」には片付けられて、お腹が空き始めた子供には恨めしい様でした。



Posted by 花曇  at 02:47 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
理化学研を見に行きました
    コメント(0)