2009年05月14日

今日の一文

「新しいテクノロジーが既存の価値をゼロにしてしまう」
今日読んでいる本の中の一文

実感するほどでは無いけれど、古い知識が役にたたない事が良くある。
テクノロジーの世界では愕然とする事が良くあると思います。
日進月歩、今読んでいるパソコン関係の本も数年すると「あ~そんな事もあった」になるのでしょう。
電気関連の会社は常に新しい物を生み続けないと、他社に他国に追い越され生き延びて行け無くなる。
特許にノルマがあったりするのは本当に大変だと思う。

かつて読んだ本に、CG初期のころグラフィックらしきものを描くだけで“天才”と言われていたと言う設定があった、今のグラフィックはこんなに進んで子供でもパソコンでお絵描きができる。そんな過去の本が蘇りました。

昔、先人、経験者、先輩は尊敬の対象だったけれど、今は世の中の変化が著しくて、年寄りが取り残され、置いてきぼりにされかねない。は~タメイキ(;一_一)

行く川のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず
諸行無常の響きアリ



Posted by 花曇  at 00:54 │Comments(2)

この記事へのコメント
40年も前に計算機を見ました、そのとき機械の中で掛け算・割り算は同じ数字を足したり・引いたりしているのではと思いました。また、コピー機が出たころは白黒で色は後から付けました。会社などではコピーを使う時は、目的と枚数と名前を書いていました。ワードを使い書くなんて想像も出来なかったです、目の前にパソコンが有り使いこなせる若者は多くを学べていいなーと思います。
Posted by ピポットさーん at 2009年05月14日 06:21
私も、30数年前にその計算機の機械を見ました。
その時は、ヒューレッドパッカードの簡単な計算機が十数万円で仕事先にあったのを思い出します。
でも、シャープが電卓を開発したんじゃなかったかしら?
何故か、勤め先の大学の研究室では、HP社の計算機だったのです。

ワープロも出た時は秘書さんたちがすごく嬉しがっていたのを思い出します。
Posted by 花曇花曇 at 2009年05月16日 00:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
今日の一文
    コメント(2)