スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局  at 

2009年07月16日

八戸旅行2回目:4:八戸から帰宅

前日の強い風はだいぶ収まり、散歩も楽ちん。チョッとだけ、放してやって駈けっこをさせてやりました。


夫の仕事は昼まで
ローズガーデンに行ってみると、薔薇のアーチはもう花がほとんど終わっていました。









立木性の薔薇が代りにたくさん咲いていましたがバッテリーが切れて、ここは目に記憶しただけにしました。
迎えに行って国道をドライブ
毎年寄ってみる、名川のチェリーランド

今年はサクランボが早かったのでしょう。もうわずかしかありませんでした。
野菜や、花や手作りの品を売っているお店の方も品数が少なく今回はさほど買う物もありませんでした。

岩手山は雲に隠れる事もなく綺麗に見る事ができ、岩木山のリベンジを果たした気分。


あとは、混み合う道になるので高速に乗り帰りました。

前回よりも早く着きましたが、かなり、疲れが残りました(・.・;)

  


Posted by 花曇  at 01:09Comments(4)

2009年07月16日

八戸旅行2回目:3:三沢から八戸

次の日は雨で明けました。
犬連れには雨がとても困ります。

徐々に雨が上がる様で辛うじて、朝の散歩もできました。
すぐ側に、西大門があり大きな門なので、乾いた地面を歩かせる事が出来ました。

夜のバイキング料理も朝の料理もすごく美味で
テレビで「バイキングの制しかた」を見たばかりで、まずは郷土料理や珍しい物、他は一口ずつ少しずつ。
せっかく、スロージョギングで1キロ減らしたのに(・.・;)
「秘密の県民ショー」で
おでんを味噌生姜で食べるのや、おからこんにゃく(違う番組かも)、
海の幸、等食べすぎました。

ホテルの庭園、渋沢公園は良く経営が大変なのにこれだけ綺麗に維持できるな~と思いながら車で見て回りました。

夫は昼から仕事。
三沢八戸間は1時間もかからない距離、最後に町の写真を撮って置きましょうという事で、馴染みの深い所をぐるぐる回りました。

夫を降ろして一人で昼食、ドライブ中に綺麗な建物(たぶんレストランと検討をつけ)を見つけ行ってみました。
「へ~ドンピシャ」
ドッグ:ガーデン・・・茶居花

どんな所か興味深々で入口には

数組ウェイティングがありその間に犬をドッグガーデンの方に↓預けに

食事は美味しかった。ビックリ!安かった!
デザートがすごい!ケーキを2個もチョイス出来ました。









また来たい!(^^)!
ワンコ達の扱いも丁寧で無料なのが申し訳ない様でした。


八戸の宿泊は厚生年金の「ウェルサンピア八戸」ここのすごさももう終わりかと思うと淋しいです。月曜の夜のここの会館の使用は毎回ですっかり慣れたのに…





  


Posted by 花曇  at 00:52Comments(0)

2009年07月16日

八戸旅行2回目:2:大鰐から三沢まで


青森ロイヤルホテルはすごく大きいホテルだった。

朝の散歩はお天気も良く気持ち良かったです。
ゴルフ場も一緒になっていて、そちらの人たちにワンコ達は遊んで貰ってご機嫌でした。


風呂は夜と朝で男女の風呂場が入れ替わり、趣のある廊下?で結ばれた露天風呂が二つある風呂場と
同じヒバの風呂でありながら明るくセンスの新しさを感じさせる風呂場と両方楽しめて良かったです。

大鰐スキー場は案外有名に思っていましたが、ホテルは冬の間は閉じるようになったとかで不況でスキー人口が減っているのかなと思わせられました。

今回が最後の仕事なのでもう少し、いろいろ楽しめたら良いなと思ってましたが、案外年のせいか、意欲が衰えて五所川原で立ちネブタを見ても良いかなとも思いましたがドライブを楽しむ方に…でパス

昼は偶然でしたが「犬と一緒にお食事ができます」のレストランがある「もりた道の駅」












                               








豪農らしい民家も移築されており、「酒田の本間邸」とつい比較してしまいました。本間様には・・・ではありましたが、新潟の豪農にチョッと似た豊かさが見られました。(新潟の豪農は本間様(自宅)よりすごかったです)


その地の鰻らしいので頂きました。柔らかくて大きくて良かったです。チョッと味が濃かったです。









そこからは、青森市を経て三沢:小牧温泉へ
陸奥湾の底に突き出た、夏泊半島はぐるっと周っていないので、今回決行!

青森のレジャー用の海岸はどこも綺麗で宮城の海岸とと比較してしまいます。
ぼんやりした視界でしたが津軽半島や下北半島の山並みが見えました。

小牧温泉は渋沢栄一の秘書をやった人が三沢に帰って作ったのですが、驚くほど規模が大きく、不況で経営者が変わりましたが、幾つもあったホテルの建物は半分閉鎖されてしまった様ですが、露天風呂の綺麗さは筆舌に尽くし難いです。


  


Posted by 花曇  at 00:05Comments(0)